カテゴリ 犬の応急処置

犬のニコチン毒性
犬の応急処置

犬のニコチン毒性

イヌのニコチン毒性の概要ニコチンは、タバコ植物に由来する有毒なアルカロイドであり、医療や殺虫剤として使用されています。ニコチンは、主にタバコ、葉巻、嗅ぎタバコ、噛みタバコ、ニコチンガム、ニコチン吸入器、ニコチンパッチ、ニコチン鼻スプレー、ニコチン殺虫剤など、さまざまなソースに含まれています。

続きを読みます
犬の応急処置

犬の吸入毒素(一酸化炭素と煙)

犬の煙吸入と一酸化炭素毒性の概要犬は、いくつかの方法で中毒になります。有毒物質の摂取に加えて、彼らは空気中に存在する毒素を吸い込むことができます。最も一般的な吸入毒素は、一酸化炭素と火災による煙です。犬の一酸化炭素毒性一酸化炭素は通常、走行中の車両への閉じ込めに関連していますが、換気が不適切で炉が故障している家庭でも発生する可能性があります。
続きを読みます
犬の応急処置

犬のナメクジとカタツムリ中毒

犬のナメクジとカタツムリ中毒の概要素足でナメクジを踏むことより悪いことは何ですか?ナメクジの餌で愛犬に偶然中毒!環境内のカタツムリに問題がある場合は、カタツムリを取り除くために何を使用するかに注意してください。あなたの犬は、特にあなたの犬(通常はほとんど何でも食べる)から家庭用品から中毒を起こしやすいです。
続きを読みます
犬の応急処置

犬の違法薬物暴露(マリファナとコカイン)

犬のマリファナとコカイン暴露の概要私たちの社会では、違法薬物のever延が増え続けていることが、犬に影響を与えます。特定の薬物、最も一般的にはマリファナとコカインへの暴露は、特に治療しない場合、有害な影響を与える可能性があります。残念ながら、これらの薬物は違法であるため、診断と治療が遅れることがあります。
続きを読みます
犬の応急処置

犬のヒ素中毒

犬のヒ素中毒の概要ヒ素は殺人ミステリーで使用される一般的な毒物かもしれませんが、犬にとっては有毒な危険としては一般的ではありません。しかし、数年前、偶発的なヒ素中毒は、アリやゴキブリの餌によく使用されるため、より一般的でした。子供や動物が時々餌を摂取しました。
続きを読みます
犬の応急処置

犬のアセトアミノフェン(タイレノール)毒性

イヌのアセトアミノフェン(タイレノール)毒性の概要アセトアミノフェンは、発熱と痛みを緩和するために一般的に使用される薬剤です。一般的なブランドには、タイレノール®、パーコセット®、アスピリンを含まないエクセドリン®、および副鼻腔炎、風邪薬、インフルエンザ薬があります。飼い主は獣医に相談することなく薬を投与するため、犬は最も一般的に毒性量のアセトアミノフェンを摂取します。
続きを読みます
犬の応急処置

犬のメタアルデヒド(ナメクジ餌)毒性

犬のメタアルデヒド(ナメクジ餌)の毒性メタアルデヒド中毒は、カタツムリやナメクジを殺すために使用される軟体動物駆除剤に使用される一般的な成分である、活性成分のメトアルデヒドを含む製品の摂取に起因します。ナメクジとカタツムリの餌には一般に3パーセントのメタアルデヒドが含まれており、製品は青色または緑色のペレット、粉末、液体、または顆粒として配合されています。
続きを読みます
犬の応急処置

犬の殺dent剤(ラットおよびマウスの餌)中毒

犬の殺dent剤中毒の概要殺dent剤中毒は、マウス、ラット、ホリネズミなどの「げっ歯類」を殺すために使用される製品を誤って摂取することです。これらの製品は一般的であり、犬では偶発的な曝露が頻繁に発生します。中毒は、次の成分のいずれかを含む製品の摂取により最も一般的に引き起こされます:ブロメタリンコレカルシフェロール(ビタミンD3)ストリキニーネリン化亜鉛毒性の影響により敏感であり、基礎となる肝疾患は毒性を悪化させる可能性があります。
続きを読みます
犬の応急処置

ペイントボールの毒性と犬への危険

ペイントボールの犬に対する毒性の概要ペイントボールは楽しいことがありますが、犬の友達にとって多くの潜在的な危険が含まれています。ペイントボールは、「カウボーイとインディアン」タイプのゲームで構成され、対戦相手がペイントボールでお互いを「撃つ」ことを試みる、大人と子供向けの娯楽です。ペイントボールは、ゲームのシューティングに使用されるペイントの小さな弾丸です。
続きを読みます
犬の応急処置

私の犬は私の薬を飲み込んだ-私は何をしますか?

あなたの犬があなたの薬を飲み込んだ場合の対処方法処方薬は、何百万もの家庭で見つけることができます。あなたの犬はこれらの薬のいくつかにさらされ、摂取することさえできます。これが発生した場合、深刻な病気を防ぐために迅速な治療がしばしば重要です。薬物の摂取を目撃した場合、最初にすることは、獣医、地元の緊急施設、または動物毒物管理ホットラインに電話することです。
続きを読みます
犬の応急処置

犬のペルメトリンとピレトリン(ノミ製品)毒性

犬のペルメトリンとピレトリンの毒性の概要ノミは、私たちの犬で繁殖するイライラする厄介な昆虫であり、それらを取り除くことは重要で、時には難しいプロセスです。幸いなことに、家の中や犬のノミの数を減らすために多くの製品が利用できます。最も人気のある製品には、犬の背中に適用される小さなチューブで提供されるものが含まれます。
続きを読みます
犬の応急処置

犬の抗うつ薬毒性

犬の抗うつ薬の毒性の概要人間のうつ病に対する認識の高まりとうつ病に対する人間の医学療法の進歩により、抗うつ薬を使用している人間の量が増加しています。このため、ペットは、さまざまな動物の行動の問題に対して同じ処方薬の助けを得ています。
続きを読みます
犬の応急処置

犬に裂傷がある場合の対処方法

犬の裂傷の在宅ケア救急室で見られる最も一般的な外傷の1つは裂傷です。犬は体のどこにでも裂傷があり、あらゆるサイズと形をしています。多くの場合、犬が庭で遊んでいて出血していたという歴史があります。所有者は、血液がどこから来ているのかを把握し、裂傷を見つけようとします。
続きを読みます
犬の応急処置

すべての犬の飼い主が知っておくべき家庭の危険

犬にとっての重要な家庭の危険1.ペーパーシュレッダーと犬-犬と猫の両方にとっての新しい危険。ほとんどのシュレッダーには、オン/オフボタンとセルフフィードボタンがあります。猫はいたるところに行き、シュレッダーの上を歩いて、ひだに足や髪を挟むことが知られています。モーターも暖かく、シュレッダーの上に置くことは猫にとって魅力的な場所になります。
続きを読みます
犬の応急処置

あなたの犬と国民毒予防週間

あなたの通常健康で活動的な犬は嘔吐し、落ち込んだり疲れたりしています。そしてあなたの植物は傷つけられています。または、あなたの犬がテーブルに座っているチョコレートケーキを手に入れて、今彼は代価を払っています。ほとんどの獣医師は、犬が病気になったものを摂取した犬の飼い主からの必死の電話をかけました。
続きを読みます
犬の応急処置

あなたの犬がアレルギー反応を起こした場合にすべきこと

あなたの犬がアレルギー反応を起こした場合にすべきことアレルギー反応は、犬が動物の緊急治療室で終わる非常に一般的な理由です。犬は、ハチやスズメバチなどの虫刺されに対するアレルギー反応、またはワクチンに対するアレルギー反応を起こすことがあります。ほとんどの場合、犬はアレルギー反応を起こし、根本的な原因を実際に判断することはありません。
続きを読みます
犬の応急処置

犬の接着剤の毒性-拡大する問題

ポリウレタン接着剤を摂取している犬が増えているポリウレタン接着剤を摂取している犬が増えています。実際、2002年以降、接着剤摂取の拡大例で309%増加しています。このシナリオを想像してみてください。若いボクサーの子犬がポリウレタン接着剤のチューブを噛んで、家の修理をするためにそれを使用していた所有者によって誤って取り外され、その内容の一部を飲み込みます。
続きを読みます
犬の応急処置

イヌにおけるポイズンアイビーおよびポイズンオークの暴露

イヌのポイズンアイビーとポイズンオークの概要ポイズンオークとポイズンアイビーは、トキシコデンドロンと呼ばれる植物のグループに属しています。これらはRhus種としても知られています。毒オークとツタウルシの毒性原理はウルシオールです。この毒素は、植物の樹液に含まれる油性樹脂です。犬はウルシオールの効果にかなり抵抗力がありますが、毒素を人に感染させる可能性があります。
続きを読みます
犬の応急処置

犬のココアマルチ毒性

犬のココアマルチの毒性の概要ほとんどのタイプのマルチは、犬に摂取しても安全ですが、カカオ豆の外皮から作られた潜在的に有毒なマルチの1つがあります。ココア殻はチョコレート製造の副産物であり、チョコレートに似た成分が含まれています。このタイプのマルチは新鮮なときはチョコレートの香りさえあり、摂取するとチョコレートの毒性と同様の効果があります。
続きを読みます
犬の応急処置

犬のニコチン毒性

イヌのニコチン毒性の概要ニコチンは、タバコ植物に由来する有毒なアルカロイドであり、医療や殺虫剤として使用されています。ニコチンは、主にタバコ、葉巻、嗅ぎタバコ、噛みタバコ、ニコチンガム、ニコチン吸入器、ニコチンパッチ、ニコチン鼻スプレー、ニコチン殺虫剤など、さまざまなソースに含まれています。
続きを読みます
犬の応急処置

イヌのヒキガエルの毒性(毒)

イヌのヒキガエルの毒性の概要ヒキガエル属のヒキガエルは、世界の多くの地域に住んでおり、多くのペットの飼い主には知られていないが、イヌに有毒な場合があります。 Bufus marinusヒキガエル種は、フロリダ南部で特に一般的です。このような場所では、何千もの犬が毎年これらの有毒ヒキガエルにさらされています。
続きを読みます