ペットケア

キティドア:外部へのアクセス

キティドア:外部へのアクセス

猫の飼い主の中には、ペットのドアにどんな喜びがもたらされるのか疑問に思っている人もいます。彼が自然の呼びかけに答える必要がある場合に備えて、目をドアに向けたままにせずに、朝食や夕食に座って想像してみてください。または、庭の安全に自分のエネルギーの一部を費やして、家に自由に戻って来たい場合、猫はどれほど幸せでしょうか。

ああ、ペットドアには多くの利点があります。正しいドアを選択して適切に設置し、正しい方法で使用すれば。言うまでもなく、ペットのドアは安全にフェンスで囲まれた庭にのみつながるはずですが、この点は非常に重要であり、とにかくそれを言います。フェンスは、猫が飛び越えないように十分に安全でなければなりません。あなたの典型的なアジャイルネコにとって、これはしばしば非常に困難です。フェンスも内側からロックする必要があります。

そうは言っても、ペットのドアについて知っておくべきもう1つの重要なポイントがあります。ペットを長期間放置するのは言い訳にはなりません。実際、立ち去ったときには多くの理由でペットのドアを閉じてロックする必要があります。

  • 誰かがまだゲートに入って猫を盗むことができるかもしれません。
  • あなたのペットはあなたが逃した開口部を発見するかもしれません。あなたが家に帰って彼がいなくなった時までに、彼は何マイルも離れて、失われたかもしれません。特に猫は非常に機敏な登山家です。猫は屋内にいるときはずっと健康的であり、屋内/屋外の猫は子羊を飼うことを決定するかもしれません。
  • 外からの動物があなたの家に入るかもしれません。野良犬、猫、アライグマ(国の一部のヘビでさえ)がペットのドアから入りました。ただし、テクノロジーはこの問題を解決しようとしました(以下を参照)。
  • あなたの猫は、あなたが家に帰るときのためにあなたのリビングルームに誇らしげに預けるネズミや鳥などの供物をあなたにもたらすかもしれません。
  • 侵入者は、開口部をくねらせたり、ツールを使用して内側からドアのロックを解除するのに十分なアクセス権を得たりできます。これは小さな開口部では起こりにくいですが、フレームをこじ開けると開口部が大きくなることを忘れないでください。金属フレームを外すと、泥棒は開口部をさらに大きくすることができます。

    最後に、あなたの猫はまだ狂ったようにあなたを恋しく思うでしょう。これらは、ペットのドアを設置することに対するポイントではなく、それらを選択して使用する際に考慮すべき側面にすぎません。プラス面では、あなたの猫は自由に自分自身を和らげることができ、家の周りで忙しいとき、彼は屋内でも外でも自分を楽しませることができます

    ドアには、スタイル、機能、そしてもちろんコストがあります。彼らは25ドルからほぼ1,000ドルの間のどこでも実行します。通常、小さな猫のドアは安価な側にあります。

  • 安価なペットドア(15〜65ドル)には、ペットが家に戻ってきた後にセルフロックする機能が必要です。彼らは通常、アクリルフラップ付きのプラスチック製のフレームです。さまざまなスタイルにより、ロックを調整できます(インのみ、アウトのみ、オープン、ロック)。
  • 手頃な価格のペット用ドア(70ドルから150ドル)は通常、通気性を保つために断熱性の高いアルミニウムで作られています。これらは、小さいペットと大きいペットの両方を持つ人向けに設計されている場合があります。
  • 他のモデルは、壁またはガラス(価格はサイズとモデルによって異なります)用に設計されており、より高価です。ただし、子猫のドアを通常とは異なる場所に置くことで、子猫のドアがあるという事実を隠すことができます。

    技術は、望ましくない動物侵入者の問題を解決するのに役立ちました。ペットの首輪の「鍵」に反応してのみ開く電子ドアと電磁ドアが利用可能になりました。これらのドアは、ペットがドアから数インチ以内に入るまでロックされます。ペットの首輪に取り付けられた「キー」は、ドアのラッチを解除する信号を送信します。その後、ペットはドアを通って歩くことができ、ドアは所定の位置に戻ってロックされます。

    これらのドアのコストは驚くほど低く、猫用に設計された特定のモデルでは60〜100ドルです。コストはドアのサイズに応じて上昇します-大型犬は数百から1,000ドルかかる場合があります。

    注:お金と労力を節約するために、大人の猫の大きさのドアを忘れずに購入してください。開口部の幅はペットの最も幅の広い部分よりも少し広くする必要があり、高さは肩の上部から前脚のすぐ後ろの胸まで測定する必要があります。

    猫についての最後の注意:前述のように、猫は一般的に屋内でより安全で健康的です。フェンスで囲まれた庭でさえ、あなたの猫に危険をもたらす可能性があります。彼女の安全のために、遮蔽されたパティオに通じるペットのドアを考えるかもしれません。