全般的

航空会社が承認した犬用クレート

航空会社が承認した犬用クレート


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

航空会社が承認した犬用クレート

航空会社が承認した犬用クレートは、商用便でペットを輸送するために使用される犬小屋の一種です。それらは、35&nbsp、lb(15.7&nbsp、kg)を超える体重のペットを収容することを目的とした特定のデザインを持っているという点で、他の犬舎とは異なります。

それらは一般的ですが、航空会社が承認した犬用クレートは、すべての市場のすべての航空会社で使用されているわけではありません。

米国の航空会社は日常的にそれらを必要としませんが、一部の航空会社は近年それらを実装し始めており、国際航空運送協会には標準があります。欧州委員会は、「プレミアム」クラスの乗客のみを対象としていますが、航空会社にキャビンへの設置を要求し始めています。

説明

航空会社が承認した犬用クレートは、多くの場合、金属、通常はアルミニウムまたは鋼で構成されており、さまざまな犬種に対応するように設計されています。木枠は通常、単一のコンパートメントまたは複数のコンパートメントの組み合わせのいずれかです。アメリカン航空などの一部の航空会社は、2つのコンパートメントのクレートの一部を4つのコンパートメントのクレートにしていますが、通常は1つまたは2つのコンパートメントクレートとして構築されます。航空会社が承認したほとんどの犬用クレートは金属製ですが、一部のモデルはプラスチックまたはその他の材料で作られています。

米国では、犬用の箱は通常、ほとんどの航空会社が承認した航空会社の犬用キャリアよりも小さく、通常は長く、幅が広くなっています。

アメリカ

米国では、航空会社が承認した犬用クレートは、通常、国内の乗客の輸送のために航空会社によって要求されていません。多くの航空会社は、乗客が航空機のキャビンにペットを連れて行くことを許可しています。しかし、特定の品種のペットを輸送できるようにするために、アメリカン航空などの航空会社は、近年、航空会社が承認した犬用クレートの設置を要求し始めました。航空会社が承認した犬用クレートは、通常、同じサイズのペット用のキャリアと同じエリアにありますが、その下と後ろに配置されています。

航空会社が承認した犬用クレートの使用に関する主な懸念の1つは、航空機のキャビン内をすばやく移動する能力を制限する可能性があることです。木枠は通常のキャリアほど大きくはありませんが、それでも航空機からすばやく降りようとする乗客にとって問題を引き起こす可能性があります。

2016年、アメリカン航空は、同社に対して提起された集団訴訟の一環として、乗客に犬を運送業者で輸送するよう要求し始めました。アメリカン航空は、「プレミアムクラス」の乗客のペットは航空会社が承認した航空会社で輸送する必要があるという欧州連合の規制を引用しました。 2016年7月、米国運輸省は、アメリカン航空が乗客に動物運搬船を提供しなかったとされるため、プレミアムシートを含むすべての乗客シートに航空会社が承認した犬用クレートを設置するように命じました。 2018年、運輸省はすべての運送業者にすべての助手席に動物運搬船を提供するよう要求しました。

米国では、航空会社が承認したさまざまな犬用クレートが利用可能です。アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空は、航空会社が承認した犬用クレートをキャビンに設置している航空会社の1つです。

欧州連合

欧州連合では、航空会社が承認した犬用クレートをすべての助手席に設置する必要があり、航空会社はプレミアム席のすべての乗客に航空会社が承認した犬用キャリアを提供する必要があります。キャリアは、通常の航空会社が承認したドッグキャリアと同じ場所に設置する必要がありますが、その下と後ろに配置する必要があります。

イギリス

英国では、国内線には航空会社が承認した犬用クレートは必要ありません。また、ほとんどの主要な航空会社は、ペットがキャビン内を移動することを許可していません。国内線でそれらを必要とする唯一の航空会社は、モナーク航空とトーマス・クックです。

カナダ

カナダでは、国内線には航空会社が承認した犬用クレートは必要ありません。カナダ運輸省は、航空会社が選択すればペットを禁止できると述べました。

参考文献

カテゴリ:動物輸送

カテゴリ:機内食

カテゴリ:航空会社および航空会社

カテゴリ:犬用機器

カテゴリ:米国の犬

カテゴリ:イギリスの犬

カテゴリ:カナダの犬

カテゴリ:ドイツの犬

カテゴリ:韓国の犬