一般的な

ストロングイルチップ

ストロングイルチップ

ほとんどの成馬は、消化管にストロングイルと呼ばれる寄生虫を含んでいます。小さな小円虫は、実際に馬の腸管の壁の内側に移動することにより損傷を引き起こします。馬はこの種の寄生虫を、寄生虫の幼虫に汚染された牧草を食べることで獲得します。寄生虫は馬の糞で落ちた卵から発生します。これらの卵は牧草地で長期間生存でき、汚染は非常に深刻です。

詳細については、馬の胃腸寄生虫の記事をご覧ください。