ペットケア

犬の手入れ

犬の手入れ

見過ごされがちですが、グルーミングは犬の健康プログラムの重要な部分です。定期的なブラッシングとコーミングは、死んだ髪と汚れを取り除き、艶消しを防ぎます。毛づくろいは皮膚への血液供給を刺激するため、ペットに健康的で光沢のあるコートを与えます。

開始するタイミング

犬を最初に家に持ち帰り、それを彼のルーチンの一部にするときに、定期的なグルーミングを開始します。良質のブラシとコームを購入して、犬を扱いに慣れさせましょう。犬がじっと待っているときに犬を賞賛し、すぐに特別な注意を払うようになります。一部の品種には特別なグルーミングのニーズがあるため、獣医または専門のグルーマーに、ペットに必要な特定の機器に関するアドバイスを求めてください。

ブラッシング

あなたの犬の肌と髪の毛は、彼の全体的な健康状態と栄養状態を反映しています。多くの犬は、最小限の援助で健康な皮膚と髪の毛を維持します。その他-特に長毛または縮毛のある品種-定期的なブラッシングが必要です。ほとんどの犬にとって、週に1〜2回は良いブラッシングでうまくいきます。

入浴

入浴の必要性は、犬の種類、彼の肌のタイプとヘアコート、飼い主の好み、ペットがどれだけ汚れているかによって異なります。犬を1、2か月ごとに入浴するのは理不尽ではありませんが、犬によってはより頻繁に掃除をする必要があります。経験則としては、ペットのコートが汚れたり、「犬」の匂いがするようになったときにのみ、ペットの水を浴びることをお勧めします。

犬を入浴するときは、必ずコートから石鹸をすべて洗い流してください。皮膚にひっかき傷やフレーク状の皮膚の問題が続く場合、特別な薬用シャンプーが必要な場合や、獣医師が診察すべき皮膚の問題がある場合があります。

皮膚の問題

皮膚の問題-ノミ、ダニ、ダニ、またはアレルギーや感染症など-は犬によく見られます。ほとんどの状態は、早期発見と治療で管理可能です。過度のひっかき傷、脱毛、薄片肌に気付いた場合は、獣医に連絡してください。ペットがノミやダニに継続的にさらされている場合は、獣医に製品について話し、これらの寄生虫の皮膚への影響を最小限に抑えてください。皮膚のはげ落ちが多く一貫して貧弱なヘアコートは、より深い医学的問題を示している可能性があることを忘れないでください。

また、特に脂性肌やアレルギーのある犬では、耳の洗浄が必要になる場合があります。これはデリケートな作業であり、おそらく獣医に任せるのが最善です。ただし、犬の扱いが簡単な場合(そして噛まれる可能性がない場合)、この雑用を自分で行うことを学ぶことができます。耳から余分なワックスや破片を取り除くには、2〜4週間ごとに耳をクリーニングすることを検討してください。家庭で使用できる製品について獣医師に尋ね、適切な耳掃除技術のデモンストレーションを必ず依頼してください。

ネイルトリミング

爪の切り抜きは簡単で簡単なプロセスですが、スキルを習得するには練習と忍耐が必要です。獣医に正しいテクニックを見せてもらい、ペットの足を処理することに慣れることから始めましょう。クリッパーの使用を開始したら、ゆっくりと進みます。数本の爪を一度に切り取ってみてください。定期的なスケジュールを維持し、永続的であること。あなたのペットは最終的に忍耐力を養い、協力することを学びます。