ペット行動訓練

不安に対する犬の飼い方の影響

不安に対する犬の飼い方の影響

不安とは何ですか、それは人々にどのように影響しますか?

あなたが日常的に不安に対処している数百万人のアメリカ人の一人であれば、それがどのように機能し、どのように感じるかを知っています。しかし、不安に悩まされていない人は、症状を理解するための準備が整っていない可能性があります。

不安障害は、米国で最も一般的な精神疾患であり、4,000万人以上の成人が罹患しています。不安は非常に治療可能ですが、不安のある人の約37%しか治療を求めません。

全般性不安障害は、日常の出来事や活動に対する過度の不安と恐怖によって特徴付けられます。個人的な問題に対処しているとき、仕事の厳しい締め切りを守ろうとしているとき、学校の重要な試験のために最後の最後で勉強しているときなど、すべての人は人生の中で何らかの形で不安に遭遇しています。しかし、不安障害を持っている人は、この負担をより頻繁に、ひどく経験します。

不安は、落ち着きのなさ、いらいら、集中力の低下、長期にわたる慢性疲労など、身体的および感情的な症状を引き起こす可能性があります。不安障害は、トラウマ、ストレスの蓄積、薬物の禁断症状、またはメンタルヘルスの問題の家族歴などの多くの要因によって引き起こされます。

不安を和らげる犬種

あなたはおそらくあなたの人生で感情的なサポート犬または介助犬を持っている誰かに遭遇しました。これらの犬は、不安発作が起こる前に兆候を検出したり、不安発作中に薬や水をつかんだり、薬を服用するように人に思い出させるなど、個人のニーズに応じて特定のタスクを実行するように訓練できます。

人間の不安を和らげるのに役立つことが知られている犬の品種がいくつかあります。すべて同じような特徴を持ち、非常に友好的で、穏やかで、愛情深く、忠実です。通常、最高の感情的なサポート犬は、標準的なプードル、ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバー、グレートデーン、グレイハウンド、ジャーマンシェパード、ハスキー、ボーダーコリー、パグ、コーギーです。

選択する犬のサイズと品種は、個人の好みによって異なります。大きい犬は抱きしめたり、安心感を与えたりするのに適していますが、訓練が難しいことがわかります。小型犬は維持費が安く、持ち運びも簡単ですが、大型犬ほどの強さと敏a性は持ち合わせていません。

犬の飼い方が不安にどのように役立つか

ペット、特に犬を飼ったことがない場合、日常的に飼い主の生活にどれほど良い影響を与えるかを理解するのは難しいかもしれません。最高の情緒的サポート犬は、飼い主に一貫した快適さと安全性を提供する犬です。犬の周りにいるだけで、次の多くを含む多くの利点が得られます。

  • 運動。 身体活動は、他の精神的健康状態と同様に、不安の症状を改善することができ、身体の健康にも不可欠です。
  • 屋外時間。 犬を散歩しなければならないということは、屋外で時間を過ごすことを意味します。これは、不安や抑うつを経験する人にとっては難しい場合があります。屋外で過ごす時間は、個人の精神的健康を高め、ビタミンDの摂取量を増やすことができます。これにより、人の気分が大幅に改善されます。
  • 会社。 犬は無条件の愛、愛情、友情を提供します。犬を飼うことで孤独感や孤独感を減らすことができ、犬と一緒に過ごすことでストレスや不安を軽減できます。

犬との相互作用は、体の主要なストレスホルモンであるコルチゾールレベル、および心拍数と血圧の低下に役立ちます。犬とのふれあいや遊びもセロトニンとオキシトシンを放出します。セロトニンとオキシトシンは、他の機能の中でも特に気分や社会的行動を調節する重要な化学物質および神経伝達物質です。