獣医親

認識すべき犬の病気の8つの兆候

認識すべき犬の病気の8つの兆候

あなたの犬で認識できるようにする必要がある病気の8つの一般的な兆候があります。多くの兆候は非特異的であり、いくつかの異なる病気に関連しています。それらのそれぞれは重要であり、あなたの懸念を促すはずです。

潜在的に問題の兆候が何であるかを理解できるように、それぞれを見ていきましょう。

1. 食欲不振 -食欲不振は、しばしば犬の病気の非常に最初の兆候の一つです。犬のドライフードのみを与え、ボウルをいっぱいに保つかどうかを判断するのは難しい場合があります。このため、一部の獣医は、犬が食欲を正確に評価できるように、毎日同じ時間に犬に定期的に給餌することを推奨しています。

2. あまり活発ではない -気分が悪い犬は、しばしば活動性が低下します。多くの場合、この「あまりアクティブでない」サインは「年をとる」と誤解されます。あなたの犬があまり活発でない場合、最も安全なことはあなたの獣医を見ることです。

3. 弱さ -弱さは、「あまり活動的ではない」、無気力な外見をしている、またはバランスと協調性の喪失を示すことで表示できます。これらはすべて潜在的に深刻な兆候であり、獣医師による即時の評価を促すはずです。

4. 無気力 -無気力は、環境に対する一般的な関心の欠如です。これは非常に一般的な症状であり、重症度に応じて病気の初期または後期徴候である可能性があります。

5. 減量 -減量は、病気や病気のもう一つの一般的な兆候です。特に長髪の犬や、毎日見かけるような微妙な変化に気付かない犬では、体重減少に気付かないことがあります。あなたの犬がよりせたり、軽く感じたり、If骨を簡単に感じることができる場合、これは問題になる可能性があります。

6. 水消費量の増加 -より多くの飲酒は、多くの場合、腎臓病や糖尿病などのいくつかの病気に関連しています。犬がこれらの症状を示していることに気付いた場合は、獣医師に相談してください。

7. グルーミングしていない -気分が悪い犬は、毛づくろいしたり、光沢のない光沢のあるコートに気づいたりしません。犬のコートが変わった場合は、獣医に評価してもらってください。

8. 口臭 -口臭としても知られる口臭は、歯の病気や他の代謝障害から生じることがあります。

予防が最善の治療法です。犬に高品質の食事を与え、十分な運動をさせます。病気の兆候がないか、犬を注意深く見てください。犬にこれらの兆候が見られる場合は、できるだけ早く獣医または獣医の救急クリニックに連絡してください。