ペットの健康

犬はオレンジを食べることができますか?

犬はオレンジを食べることができますか?

犬はオレンジを食べることができますか?

犬の飼い主は一般に、食物の毒性について熟考します。さまざまな食品の安全性についての質問は、特定の食品が有毒であることを知り、多くの報道につながった後、増加しました。最も重要な有毒食品は、ブドウとレーズン、チョコレート、ピーナッツバターです。

これらの食品の危険にさらされているため、ペットの飼い主は、犬がオレンジを食べることができるなど、他の人間の食品について尋ねることを奨励しています。犬が食べられるものと食べられないものの詳細については、「犬が食べられないものへの究極のガイド」をご覧ください。

犬はオレンジを食べることができますか?

オレンジは、常緑樹の一種であるオレンジの木から成長した円形、長方形、または球形の果物です。それは野生の果物ではなく、ザボンとマンダリンオレンジの間の家畜化された交配と考えられています。オレンジの皮は濃い緑色(熟していない場合)またはオレンジの皮(熟した場合)です。内側の果物には、心皮と呼ばれる内側のセグメントをカプセル化する白い組織があります。各心皮は膜で区切られ、それぞれが甘い果実と種子を含んでいます。

多くの種類のオレンジがあり、最も一般的なオレンジは甘いオレンジであり、Citrus sinensisとしても知られています。オレンジは中国から生まれ、現在、多くの熱帯および亜熱帯の気候で栽培されており、ブラジル、中国、インドが最大のオレンジ生産国です。

「犬はオレンジを食べることができますか?」という質問に対する答えは…答えはイエスです。また、みかんやクレメンタインを食べることもできます。犬はオレンジを食べることができますが、適度です。犬は柔らかくしっとりとした食感が大好きで、多くの人がこれを健康的なおやつとして楽しんでいます。オレンジは、ビタミンC、カリウム、チアミン、葉酸の優れた供給源です。

オレンジは糖分が非常に多く、他の食べ物と同様に、一部の犬では胃腸の調子が悪くなることがあります。 1匹の犬に迷惑をかけないものが、別の犬に問題を引き起こす可能性があります。同じことが人々にも起こります。一部の食品は、ある人を悩ませることはできますが、別の人を悩ませることはできません。

オレンジの犬への危険

オレンジを大量に摂取すると、胃腸の調子が悪くなります。オレンジの皮の摂取は、胃腸閉塞を引き起こす可能性があります。皮は摂取するのが非常に困難です。問題の兆候には、嘔吐、下痢、嗜眠、腹痛、排便への負担、および/または食欲減退が含まれます。

オレンジが犬に与える他の危険は、窒息の危険です。特に小さな犬がオレンジの大きな部分を食べたり、犬が皮を食べようとする場合です。一部の犬は、食べ物を「噛む」のが苦手で、窒息の危険があります。

特別な警告:あなたの犬が甘味料キシリトールを含むオレンジ風味の何かを食べる場合は注意してください。これは、ダイエットや低カロリーのペストリー、特に糖尿病患者向けに作られたペストリーの成分になります。犬のキシリトール毒性の詳細をご覧ください。

犬はオレンジが必要ですか?

オレンジには、犬が定期的に必要とするものは何もありません。犬に必要なのは、高品質のAAFCO承認のドッグフードです。犬の栄養に関する詳細をご覧ください。

オレンジを犬に与える最も安全な方法

犬にオレンジを与える最も安全な方法は、種なしで皮をむいた新鮮なオレンジの小片を与えることです。オレンジの皮を犬に与えないでください。

あなたは犬にどれくらいのオレンジを与えることができますか?

オレンジの約3分の1で小型犬、半分が中型犬、オレンジ全体が大型犬に十分です。

犬はオレンジジュースを飲むことができますか?

犬は少量のオレンジジュースを持つことができますが、一部の犬では胃腸の調子を狂わせることがあります。酸性度は、他の犬よりも犬を悩ますことがあります。

オレンジを食べることができる犬に関する記事