ペットの健康

犬はアーモンドを食べることができますか?

犬はアーモンドを食べることができますか?

犬の飼い主は一般に、食物の毒性について熟考します。特定の食品が有毒であることを知った後、さまざまな食品の安全性についての質問が増え、多くの報道が行われました。最も重要な食べ物は、チョコレート、ブドウとレーズン、ピーナッツバターです。これらの食品の危険にさらされているため、ペットの飼い主は、犬がバナナを食べることができるなど、他の人間の食品について尋ねることを奨励しています。犬が食べられるものと食べられないものの詳細については、「犬が食べられないものへの究極のガイド」をご覧ください。

犬はアーモンドを食べることができますか?

アーモンドは、アーモンドの木から木質の殻で成長する楕円形の食用ナッツのような種です。アーモンドを育てる木はバラ科に属し、梅や桃の木に関連しています。アーモンドは、西アジアなどの温暖な気候で栽培されています。

犬はアーモンドを食べることができ、多くの人は味が大好きです。しかし、多くの犬はそれらをうまく消化し​​ないため、一部の犬では吐き気、嘔吐、下痢を引き起こす可能性があります。ナッツの脂肪含有量は、膵炎につながる可能性があります。犬が食べることができるが、同じ健康問題を抱えている他のナッツには、ピーナッツやカシューナッツが含まれます。犬に与えるべきではないナッツはマカダミアナッツと黒クルミです。

犬のためのアーモンドの安全性を研究するとき、危険に影響する2つの考慮事項があります。 1つは膵炎や胃腸の不調の危険性で、2つ目は窒息の危険性です。窒息の危険は小型犬ではより一般的ですが、どの犬でも発生する可能性があります。

「犬はアーモンドを食べることができますか」という質問に対する答えはイエスです。犬は少量のアーモンドを食べることができ、健康的なスナックとしてアーモンドを楽しむ犬もいます。しかし、アーモンドの摂取は、一部の犬では胃腸の問題を引き起こす可能性があります。

重要な注意:どんな食べ物でも犬の胃腸の調子を狂わせることがあります。ある犬に病気を引き起こさないかもしれないものは、別の犬に病気を引き起こすかもしれません。同じことが人々にも起こります。一部の人々を悩ませる一部の食品は、他の人々に影響を与えない場合があります。

アーモンドの犬への危険

アーモンドを大量に摂取すると、犬の胃腸の調子が悪くなります。犬がアーモンドを摂取し、嘔吐、下痢、摂食、嗜眠などの症状を示している場合は、獣医または最​​寄りの救急クリニックに連絡してください。

犬にはアーモンドが必要ですか?

アーモンドには犬が必要とするものは何もありません。犬に必要なのは、高品質のAAFCO承認のドッグフードです。犬の栄養の詳細。

アーモンドを犬に与える最も安全な方法

犬にアーモンドを与える最も安全な方法は、少量のカットナッツを提供することです。アーモンドの殻をむき、犬が窒息しないように監視する必要があります。

アーモンドバターを犬にあげることはできますか?

アーモンドとピーナッツバターやアーモンドバターなどのナッツからの抽出物は、多くの食品で使用されている甘味料であるキシリトールで甘くすることができます。犬がアーモンドバターを摂取する場合は、ラベルを注意深く見て、キシリトールなどの甘味料が含まれているかどうかを確認してください。犬がキシリトールを摂取していると判断した場合は、すぐに獣医に電話してください。犬のキシリトール毒性の詳細。

アーモンド粉、アーモンド抽出物、アーモンドオイルは犬にとって有毒ですか?

アーモンド粉、アーモンド抽出物、およびアーモンドオイルは犬には毒性がありませんが、多くの犬はこれらの製品を十分に消化せず、嘔吐、下痢、食欲不振などの胃腸の不調につながる可能性があります。犬がこれらの製品のいずれかを摂取し、異常な症状を示していると判断した場合は、すぐに獣医師に連絡してください。

アーモンドを食べることができる犬に関連する追加記事