ペットケア

クロスカントリーに行く:ロードトリップにファイドをもたらす方法

クロスカントリーに行く:ロードトリップにファイドをもたらす方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

休暇の時間です!家族のバンでクロスカントリーを旅することは、家族全員にとって楽しい経験になる可能性があります。手頃な価格で柔軟な方法で逃げることができます。さらに、車でトレッキングすると、親友を連れて行くチャンスが得られます。いいえ、私たちはあなたの大学のルームメイトについて話しているのではありません。私たちはあなたの犬に言及しています。

犬と一緒に遠征に出かけることは、素晴らしい絆の体験になります。また、適切に行わないと、ロードトリップの計画に多くのストレスが加わる可能性があります。車の中でペットを安全に保つ方法、犬と一緒に泊まれる場所、4本足の友人との究極のロードトリップを最大限に活用する方法を必ず理解してください。少なくともあなたの犬は「もうそこにいるの?」とは尋ねません。

ペットの車の安全性

車で旅行するとき、猫は木枠の中で最も安全です。しかし、それは犬と一緒に旅行する最良の方法ですか?犬が動く車の窓から頭を突き出したり、後部座席を前後に動かしたり、運転中に所有者の膝の上に立ったりするのをよく見かけます。これらのシナリオはどれも犬の安全にとって理想的ではありません。ゆるい犬はドライバーをそらすことができます。事故で車両から排出されることもあり、怪我や死亡のリスクが高くなります。

Whole Dog Journalによると、犬を車で輸送する最も安全な方法は、車内に固定されている木箱です。 Fidoを前の席に置いて、お気に入りの音楽にジャムアウトするというビジョンを持っていたら、それは残念です。犬を木枠に入れたくない場合、ペットは犬のシートベルトで最も安全です。犬用に設計されたペット用拘束具には、座席に取り付けるハーネスが含まれています。犬を前の席に置いたままにしないでください。エアバッグは、事故で展開した場合、毛皮のような友人を傷つける可能性があります。動いている車両に犬を適切に拘束することで、犬の安全を維持します。

犬はパワーウィンドウにも干渉する可能性があります。犬がボタンを踏むと、ウィンドウが自動的にロールダウンし、ジャンプする恐れのある子犬に危険をもたらす可能性があります。犬歯は、間違ったステップを踏むだけで、誤って自分の車の窓を閉じることもできます。これを防ぐには、動物を拘束することが最善の方法です。パワーウィンドウをロックすることも役立ちます。

旅行中の犬のケアには、旅行中に犬に十分な水と運動の機会を与えることが含まれます。車に水を入れておくことは、一緒に運転する人にとって重要です。ただし、犬用に追加のボトルを用意する必要があります。あなたは何が起こるか決してわかりません、そしてあなたは長い旅行で脱水されたペットで立ち往生したくありません。

泊まる場所を見つける

子供のように犬を愛していますが、子供が許可されているほとんどの場所にペットを連れて行くことはできません。つまり、ルートに沿った宿泊と食事に関して、追加の計画を立てる必要があります。犬をすべてのレストランにドラッグすることはできません。また、窓を開けたままにしても、犬を車の中に置いておくのは安全ではありません。これは、他の人間を連れて行かない場合に特に重要な考慮事項です。

たくさんの食べ物やおやつを持参し、犬を止めて車の中に放置する必要がないようにします。犬も十分に食べられるようにしてください。あなたは道路で彼の通常の食べ物を手に入れることができないかもしれません、そしてブランドを変えることはいくつかの犬のおなかのトラブルを与えることができます。

睡眠の手配に関しては、ペットに優しい宿泊施設を調査する必要があります。多くのホテル、キャンプ場、賃貸住宅ではペットを許可していますが、追加料金が必要になる場合があります。タイル張りの表面に犬を飼うことで、部屋をできるだけ清潔に保ちます。ファイドを放っておかなければならない場合、彼は木箱でより安全に感じるかもしれません。あなたは、あなたの犬がベッドカバーを噛んでいないことを知って、より安全に感じるでしょう。

(?)

車はあなたの犬にストレスを与えますか?

あなたの犬が車の中でストレスを感じたら、ロードトリップは最良のアイデアではないかもしれません。いくつかの犬は驚くべき方法で不安の兆候を示しています。たとえば、車の中で眠くなる犬は、ストレスの兆候を示している可能性があります。犬が過度によだれを垂らしたり、喘ぎが止まらない場合は、車に恐怖を感じるかもしれません。犬を連れて行かなければならない場合は、木箱を覆うことで感覚刺激を最小限に抑えます。

車を愛する犬にとっても、長い旅行は新しい経験になります。道路に出かける前に、シートベルトやクレートなどの新しいアレンジに犬を慣れさせるようにしてください。また、運転中に犬が気を散らさないようにする必要があります。これを行うには、旅行前の数ヶ月間、積極的な強化を練習します。

近所や駐車場をドライブしているときに、犬と一緒に車の後ろに友人を座らせます。あなたの友人は、クリッカーと御treat走を使用して、希望する行動に対して犬に報酬を与えることができます。このテクニックを使用して、ペットを拘束した状態で運転したり静かに座ったりしながら、横たわるように犬を訓練することができます。報酬間の時間を長くするようにしてください。あなたの目標は、車が停止してから子犬を治療するポイントに到達することです。一人で運転している場合、Fidoに報酬を与えることはできません。

手間のかからない旅

どのようにフィドと一緒に旅行することを選択したとしても、頻繁に休憩を取り、どこに行ってもペットの後を掃除してください。 1時間か2時間おきに犬を止めると、犬のほうがうまくいくかもしれません。ピットストップを必要とせずに3時間行く犬もいます。犬の予防接種記録、ひも、首輪、身分証明タグをご持参ください。現在の写真も一緒に撮るべきです。あなたの犬が迷子になった場合、参照があります。準備ができていることは、あなたの遠足があなたとあなたの両方にとって楽しいものであることを確実にする最良の方法です。

(?)