ペットを健康に保つ

ペットの同伴と搭乗のガイド

ペットの同伴と搭乗のガイド


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

あなたが私たちの多くと同じなら、あなたは逃げることを切望します。

あなたは責任を持って予算を立てながら一生懸命働いており、ついに待ちに待った旅行を計画する時が来ました。結局のところ、その海に面したコテージ、クロスカントリーロードトリップ、または森の中の人里離れた小屋に、かなり長い間照準を合わせました。スース博士の言葉で、「ああ、あなたが行く場所!」

しかし、旅行代理店を探したり、その休暇を予約する前に、重要な決断を下す必要があります。旅行中のあなたの毛皮のような家族の幸福は最も重要な考慮事項であり、犬小屋で彼に搭乗することからペットシッターを雇うこと、あなたの冒険であなたの最愛のペットを連れて行くことまであなたのオプションの範囲です。

休暇中に犬や猫を連れて行くのは魅力的ですが、ペットの中には他のペットよりも旅行に適しているものがあります。したがって、犬または猫の健康、気質、および感情的なニーズを考慮する必要があります。最終的に、「ペットが一番幸せになるのはどのような結果でしょうか」と自問する価値があります。

ペットが旅行するべきかどうか疑問がある場合は、獣医師に相談してください。しかし、私たちは「滞在するか行くか」という難問を支援するためにここにいます。最愛のペットと一緒に旅行する、または搭乗するためのガイドをご紹介します。

ペットの犬ぞり

旅行の必要が生じた場合、代替ペットの世話を必要とする多くのペット所有者は、プロの搭乗犬小屋によって提供されるサービスに依存しています。信頼の置ける信頼できる施設を見つけることができれば、犬小屋は、不在時に仲間の世話をするための安全で便利な方法です。毎年3,000万人以上のペット所有者が米国とカナダで犬小屋を利用していると推定されています。

犬小屋は素朴なものから超豪華なものまでありますが、フリルは主にペットの飼い主を対象としています。犬や猫は、ショパンが寝室で静かに遊ぶかどうかは気にしません。重要なのは、ペットの一般的な安全性とスタッフの親切さと能力です。

毛皮のような友人の犬小屋を選択する際には、事前に訪問を行い、次のことを確認してください。

  • 犬小屋は、伝染病のprevent延を防ぐために適切な衛生を実践する必要があります。
  • 犬小屋は、各動物が定期的な運動を受ける能力を持つようにする必要があります。
  • 犬小屋には適切なケージとランサイズが必要で、大きな犬には大きなケージが必要です。
  • 犬小屋は、敷地内または近くで働く特定の獣医との関係を持つ必要があります。

良いペットシッターを見つける方法

良いプロのペットシッターは本当の発見です。あなたの毛皮のような家族の適切な世話をすることに加えて、知識豊富なペットシッターは医学的問題を発見し、緊急事態に対処することができるはずです。良心的でありながら訓練を受けていない友人や隣人に頼って、外出中に犬や猫の世話をするのとは異なり、ペットが有能な手にあることを知って、ペットシッターでリラックスできます。

訓練されたペットシッターでは、その利点は数多くあります。犬や猫は自分の環境にとどまり、自分の食べ物を与えられ、自分のベッドで寝ます。ペットの既存の快適レベルの価値を過大評価することは困難です。さらに、旅行後に家に到着すると、あなたの愛する仲間があなたを迎えるためにすでにそこにいます。

犬または猫用のペットシッターを選択する際に従うべきガイドラインを次に示します。

  • 仲間のペットの所有者または獣医、グルーマー、またはペット用品店に紹介を依頼してください。
  • ペットシッターのトレーニングの背景について宿題をします。
  • シッターに事前にペットと会ってもらい、シッターがコンパニオンとどのように相互作用するかを観察します。

旅行に関する航空会社の規則

あなたの犬と一緒に空に行きたいですか?自分で飛行機のチケットを取得するのは簡単ですが、ペット用のチケットを取得するには、もう少し計画が必要です。各航空会社には、ペットの旅行に関する個別のルールがあります。一部にはペットの禁輸措置があり、その年にペットの旅行が許可されないことがあります。他の航空会社はもはやペットを受け入れず、特別なペットキャリアまたは動物輸送会社に依存しています。

これらのポリシーは予告なしに変更される可能性があるため、ペットの旅行ルールについて事前に航空会社に確認してください。一部の航空会社では、機内持ち込み手荷物の一部として小型犬や猫の旅行を許可していますが、他の航空会社ではペットが貨物エリアを旅行することを規定しています。

すべての航空会社は、国内または海外を旅行するかどうかにかかわらず、出発日から10日以内に発行された健康証明書を必要とします。あなたの獣医はあなたのペットを検査し、彼が病気にかかっておらず、旅行するのに十分健康であることを証明しなければなりません。犬と猫は、製造されたペットキャリアで旅行する必要があります。運送業者に「Live Animal」というラベルを付け、木枠のすべての側面にある「上向き」矢印をマークし、自宅の住所と電話番号を必ず明記してください。

ペットと一緒に運転する

あなたの平均的な犬に「車」という言葉を言うと、彼は目に見える喜びを表現するでしょう。多くの犬は、すぐに「車」を、毛が風に吹かれて、速い速度で運ばれるという素晴らしい感覚に関連付けます。しかし、道に出る前に、車内で犬を安全に保つために、次のヒントに注意してください。

  • ウィンドウを開きますが、完全には開きません。
  • キャリアまたは拘束ハーネスで犬を固定します。
  • 涼しい気候でも、犬を車の中に放置しないでください。

逆に、平均的な猫に「車」という言葉を口にすると、ハウリングと鳴き声が聞こえる場合があります。ほとんどの猫は一般道を楽しんでおらず、車に乗っている間猫を飼う最も安全な場所は運送業者です。あなたの猫を閉じ込めることで、あなたは彼のエスケープのリスクを排除し、事故や突然の停止のイベントで彼の怪我の可能性を減らします。

(?)

ペット用ホテルエチケット

最近では、ホテルはかつてないほどペットにやさしく、お客様の毛皮のような仲間を両手を広げて歓迎しています。安いモーテルから4つ星のブティックホテルまで、あらゆる種類の宿泊オプションは、ペットが基本的なホテルのエチケットを順守していれば、犬や猫が同伴できるようにします。

言うまでもなく、休暇中のペットはすべてよく訓練されていなければなりません。あなたの猫が神経質なときに事故を起こす傾向がある場合、またはあなたの犬が放っておかれたときにIfえる場合、誰もが好意を持ち、休暇に連れて行くことを再考してください。さらに、ハウスキーピングには部屋へのアクセスが必要であるため、ペットを運送業者に閉じ込めるか、部屋を掃除するための特別な手配をする必要があることに留意することが重要です。

適切な準備が行われている場合、犬や猫の仲間と休暇を過ごすことは、ペットが楽しむスリルとして役立つ可能性があり、今後何年も心から覚えています。しかし、犬や猫が犬小屋やペットシッターと一緒にいるほうが良い場合は、旅行の終わりに温かい挨拶をすることができます。

ペットと一緒に旅行する、またはペットに搭乗するためのリソース

旅行中に愛するイヌやネコをどうするかを決定する上で、もっと役立つアドバイスが必要ですか?特集記事をご覧ください。

(?)