犬の応急処置

ペイントボールの毒性と犬への危険

ペイントボールの毒性と犬への危険


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

犬に対するペイントボールの毒性の概要

ペイントボールは楽しいものですが、犬の友達にとって多くの潜在的な危険があります。ペイントボールは、「カウボーイとインディアン」タイプのゲームで構成され、対戦相手がペイントボールでお互いを「撃つ」ことを試みる、大人と子供向けの娯楽です。

ペイントボールは、ゲームのシューティングに使用されるペイントの小さな弾丸です。それらは、さまざまな色の丸い硬いペンキのボールです。彼らは特別なペイントボール銃で発射されます。弾丸が痛く(実際、最近発見したようにかなり痛い)、毎秒280フィートで飛ぶように調整されています。タイガーウッズは毎秒280フィートでゴルフボールを打ちます。 10フィート、20フィート離れていたら、それらの1つにぶつかることを想像できますか?ペイントボールを顔につけて撃たれた人と犬は外観を損ない、目を失い、打撲は打撲の一般的な「後遺症」です。

ペイントボールが犬に与える危険は、2つの主要な領域にあります。

1.ペイントボールの弾丸の物理的衝撃による損傷。
2.摂取による毒性。

ペイントボールによる物理的損傷は、軽度から重度の打撲、皮膚損傷までさまざまです。重度の損傷が発生し、目を失ったり、骨折したり、内出血や臓器損傷を引き起こしたりすることがあります。犬への損傷の程度と深刻度は、ターゲットが射撃された距離、犬のサイズ、および犬が撃たれた領域に依存します。たとえば、目の近距離で撮影された小さな子犬は、その目を失うことを疑います。脚で撃たれた場合、骨の骨折を引き起こす可能性があります。小型犬の胸部または腹部への衝撃も、大きな損傷と痛みを引き起こす可能性があります。

ペイントボールを大量に摂取すると、毒性や死に至る可能性があります。ペイントボールの成分、犬のサイズ、食べた量に応じて、さまざまな問題が発生する可能性があります。一般的な症状には、嘔吐およびおそらく下痢が含まれます。兆候は衰弱、com睡、発作に進行する可能性があります。体内で毒性レベルに達すると、その効果が明らかになり、落ち着きのなさ、多動、筋肉のけいれん、排尿の増加、場合によっては過剰な喘ぎに気付くことがあります。心拍数レベルも増加する場合があります。重症例では発作活動が発生する場合があります。これらの兆候は、摂取後数時間以内に発生する可能性があります。迅速な獣医ケアが推奨されます。

毒性を引き起こすために摂取する必要があるペイントボールの量は確かに不明です。いくつかのデータは、カップルが軽度の兆候を引き起こすことさえあることを示唆しています。

ペイントボール損傷の診断と犬への毒性

ペイントボールの毒性または損傷の診断は、通常、所有者の摂取の目撃または疑い、および身体検査の所見に基づいています。兆候は、犬のペイントに関連する可能性のある丸いタイプの打撲傷を含む身体的損傷と一致しています。ペイントボールの摂取は、食べたタイプや量に応じてさまざまな症状を引き起こす可能性があります。犬の摂取の症状には次のものがあります。

  • 嘔吐(ペイントボールまたはペイントが見える場合があります)
  • 下痢
  • 歩行/つまずきの困難
  • 振戦
  • 多動
  • あえぎ
  • のどの渇きと排尿の増加
  • 弱さ
  • うつ病
  • 頻脈(高心拍数)
  • 失明
  • 発作
  • 昏睡

    摂取後1時間以内に兆候が始まる場合があります。著しい嘔吐と下痢があった場合にも脱水症が起こることがあります。摂取は体の電解質の変化を引き起こす可能性もあります。最も深刻な変化は、危険なほど高いナトリウムレベル、pHの上昇、塩化物レベルの上昇、およびカリウムレベルの低下です。

    ペイントボール損傷の治療と犬への毒性

    治療は犬の臨床症状の重症度に依存し、継続的な静脈内輸液療法と嘔吐の抑制に役立つ薬物療法が含まれる場合があります。 GI腸は、消化管を通るペイントボールの動きを容易にするために使用される場合があります。また、薬物を使用して心拍数を減らしたり、発作を治療したりすることもできます。血液検査は、電解質の変化を観察するために監視される場合があります。

    ペイントボール毒性の治療を受けたほとんどのペットは、治療後24〜48時間以内に回復し、正常に戻ります。

  • 在宅介護と予防

    ペイントボール銃でペットを撃たないで、ペイントボールを犬の手の届かないところに置いてください。

    犬が射殺された、または有毒な量を摂取した疑いがある場合は、犬を発生源から取り除き、すぐに獣医師に連絡してください。獣医師は、過酸化水素の経口投与により嘔吐を誘発することを勧める場合があります。ペットを獣医にすぐに運びます。

    ペイントボールを摂取した犬の在宅ケアは、主に胃腸の不調を緩和し、症状を治療することを目的としています。吐き気がなくなると、獣医師は数日間、当たり障りのない食事を勧めることがあります。

    振戦、多動または発作に注意してください。犬が食べたり飲んだりしていない、嘔吐し続ける、下痢が続く、またはそれでも過剰に活動しているようであれば、追加の推奨事項について獣医師に相談してください。