犬の応急処置

犬のメタアルデヒド(ナメクジ餌)毒性

犬のメタアルデヒド(ナメクジ餌)毒性

犬のメタアルデヒド(ナメクジ餌)毒性の概要

メタアルデヒド中毒は、カタツムリやナメクジを殺すために使用される製品である、軟体動物駆除剤に使用される一般的な成分である活性成分であるメトアルデヒドを含む製品の摂取に起因します。ナメクジとカタツムリの餌には一般に3パーセントのメタアルデヒドが含まれており、製品は青色または緑色のペレット、粉末、液体、または顆粒として配合されています。メタアルデヒド中毒は、米国の西海岸でより一般的に見られます。

軟体動物駆除剤の使用は犬の暴露のリスクを高め、体重1キログラムあたり190から240ミリグラムのメタアルデヒドの投与量は犬の50パーセントにとって致命的です。実際には、有毒な投与量は体重1キログラムあたり100から1000ミリグラムの範囲です。

メタアルデヒドの毒性は、治療しないと致命的な神経症状の急速な発症を引き起こします。中毒の兆候は、暴露後1〜4時間以内に始まります。メタアルデヒド中毒による発作の繰り返しは、非常に高い体温を引き起こす可能性があり、熱中症に苦しむペットで観察されるものと同様の合併症を引き起こす可能性があります。罹患したペットは通常、メタアルデヒド摂取後24〜72時間入院する必要があります。

注目すべきもの

犬のメトアルデヒド毒性の兆候には以下が含まれます。

  • あえぎ
  • 不安
  • 興奮
  • 見当識障害
  • 不協調
  • 呼吸数の増加
  • 心拍数の増加
  • よだれ
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 音とタッチに対する極端な感度
  • 意識の喪失、発作、呼吸困難に進行する可能性のある全身性筋肉振戦

    メタアルデヒドを含むカタツムリやナメクジの餌をペットが摂取した疑いがある場合、メタアルデヒド中毒は他の病気や中毒の症状を模倣するため、この情報を病歴に含めるようにしてください。中毒の種類を知ることで、広範な診断テストの必要性が減り、ペットの問題をより具体的に治療できるようになります。徹底的な身体検査を行った後、獣医師はおそらくいくつかの診断テストと治療を推奨します。

  • 犬のメトアルデヒド(ナメクジ)毒性の診断

    メタアルデヒド含有製品の目撃された摂取またはそのような製品への暴露の可能性の履歴は、診断の最良の方法です。診断を支援するために推奨される他のテストには、次のものがあります。

  • 嘔吐または胃洗浄(胃のポンピング)を誘発した後の胃内容物の視覚化。
  • ペットの全般的な健康状態を評価し、感染または炎症、貧血、または低血小板数を評価するための完全な血球数(CBC)。
  • 発作の他の潜在的な原因について内臓(肝臓、腎臓)を評価し、発作、筋肉振戦、および高体温の繰り返しから生じる合併症を評価するための生化学プロファイル。
  • 血液の酸塩基状態の変化を評価するための動脈血ガス分析。通常、発作、筋肉の震え、または長期にわたる高体温(高体温症)を繰り返した後、血液は酸性になります。
  • 犬のメトアルデヒド(ナメクジ)毒性の治療

    犬のメトアルデヒド毒性の治療には、以下の1つ以上が含まれます。

  • 胃と腸管からのメトアルデヒドのさらなる吸収を防ぐために嘔吐を誘発する薬剤の投与。
  • 胃腸管からメトアルデヒドを除去するための胃洗浄および腸。
  • 筋肉の振戦または発作の繰り返しによる高熱が存在する場合、体温を下げるための冷水浴。
  • 不安、発作、過度の筋肉振戦を制御するためのジアゼパム(Valium®)またはフェンタニル(麻薬性鎮痛剤)などの薬。
  • 筋肉振戦を制御するためのメトカルバモール、グアイフェネシンまたはキシラジンなどの筋弛緩薬。
  • 呼吸不全が発生した場合に人工呼吸を提供するための気管内チューブ(気道内のプラスチックチューブ)の配置。
  • 静脈内(IV)カテーテルを留置して、脱水やアシドーシス(低血中pH)を修正するための静脈内輸液を提供します。これは、広範囲の筋肉活動と頻繁な発作でしばしば起こります。
  • 在宅介護と予防

    メタアルデヒド中毒が発生した疑いがある場合は、できるだけ早く獣医の治療を受けてください。犬を治療のために獣医に連れて行くときは、製品の成分を特定するためのパッケージまたは容器の残骸を持参してください。

    指示に従って、獣医が処方した薬を投与します。

    曝露を防ぐために、カタツムリとナメクジの餌が置かれた場所への犬のアクセスを許可しないでください。