犬の応急処置

あなたの犬と国民毒予防週間

あなたの犬と国民毒予防週間


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

あなたの通常健康で活動的な犬は嘔吐し、落ち込んだり疲れたりしています。そしてあなたの植物は傷つけられています。または、あなたの犬がテーブルに座っているチョコレートケーキを手に入れて、今彼は代価を払っています。

ほとんどの獣医師は、犬が病気になったものを摂取した犬の飼い主からの必死の電話をかけました。犬は子供のように、有害物質から保護するために私たちに依存しています。

3月に開催される全国毒物予防週間には犬が含まれます。このキャンペーンは、危険な物質に関する認識を高め、緊急事態への対処方法を人々に教育する取り組みです。

犬が摂取するより一般的な毒には、殺虫剤、不凍液、家庭用洗浄液、有毒植物などがあります。チョコレートなど、人間の食べ物も有害な場合があります。

犬や猫が有毒物質を摂取している場合、準備をすることで生と死の違いが生じる可能性があります。つまり、毒物の緊急事態に対処する方法を知り、獣医や毒物管理ホットラインにすぐに連絡することです。特にペットを扱う毒物管理センターがあります。そのようなセンターの1つがASPCAアニマルポイズンコントロールセンターで、1-800-365-8951に電話することでアクセスできます(有料)。

National Poison Prevention Weekは1年に1回開催されますが、毎日安全を実践する必要があります。ペットが毒を摂取している疑いがある場合は、獣医または毒物管理センターに連絡するときに次の質問に答える準備をしてください。

  • 疑われる毒の名前
  • 吸収、摂取、または吸入された量
  • いつから中毒が起こったと信じていますか
  • ペットの体重
  • 中毒の兆候:嘔吐、振戦、過剰な唾液分泌、歯茎の色、心臓と呼吸の速度、そして実際的な場合は体温

    ASPCAアニマルポイズンコントロールセンターは、ペットの飼い主に一般的な家庭の毒素と偶発的なペットを防ぐためのガイドラインについて教育するために、「ペットを家に毒を安全に」というタイトルのウェブサイト(www.apcc.aspca.org)で、家の中毒。