犬の応急処置

犬のナメクジとカタツムリ中毒

犬のナメクジとカタツムリ中毒


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

犬のナメクジとカタツムリ中毒の概要

素足でナメクジを踏むより悪いことは何ですか?ナメクジの餌で愛犬に偶然中毒!

環境内のカタツムリに問題がある場合は、カタツムリを取り除くために何を使用するかに注意してください。あなたの犬は、特にあなたの犬(通常はほとんど何でも食べる)から家庭用品から中毒を起こしやすいです。一般的な毒素の1つは、「カタツムリ餌」(軟体動物駆除剤)に含まれる一般的な成分であるメトアルデヒドです。米国では、このタイプの中毒は西海岸でより一般的に発生します。

ナメクジとカタツムリの餌には一般に3パーセントのメタアルデヒドが含まれており、製品は青色または緑色のペレット、粉末、液体、または顆粒として配合されています。体重1キログラムあたり190から240ミリグラムの投与量は、ほとんどの犬や猫にとって致命的です。ただし、有毒な用量は、体重1キログラムあたり100から1000ミリグラムの範囲です。

注目すべきもの

犬の中毒の兆候は、曝露後1〜4時間以内に始まり、治療せずに放置すると致命的となる可能性があります。発作を繰り返すと体温が非常に高くなり、熱中症のペットで見られるような合併症を引き起こす可能性があります。犬または猫がメタアルデヒドに暴露され、次の症状のいずれかを示す可能性がある場合は、すぐに獣医師に連絡してください。

  • 不安、興奮、喘ぎ
  • 見当識障害
  • 調整不足
  • 呼吸数の増加
  • 心拍数の増加
  • よだれ
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 音とタッチに対する極端な感度
  • 意識の喪失、発作、呼吸困難に進行する可能性のある全身性筋肉振戦
  • 犬のナメクジとカタツムリの毒性の診断

    メタアルデヒド中毒は他の病気や中毒の症状を模倣するため、獣医師はあなたの犬がこの種の毒を摂取した可能性があることを知る必要があります。これにより、広範な診断テストの必要性が減り、特定の治療を早期に開始できます。

    徹底的な身体検査の後、獣医師はおそらくいくつかの診断テストと治療を推奨します。これらには以下が含まれます。

  • ペットの全般的な健康状態を評価し、感染または炎症、貧血または低血小板数を評価するための完全な血球数(CBC)。
  • 発作の他の潜在的な原因について内臓(肝臓や腎臓など)を評価し、発作、筋肉振戦、または高体温の繰り返しから生じる合併症を評価するための生化学プロファイル。
  • 繰り返しの発作、振戦、または高体温の後に影響を受ける可能性のある血液の酸塩基状態の変化を評価するための動脈血ガス分析。
  • 胃内容の分析。

    犬のナメクジとカタツムリの毒性の治療

  • 犬の治療には、体から毒素を取り除き、症状を治療することが含まれます。あなたの犬はおそらく24〜72時間入院する必要があります。獣医師は、治療に以下のいずれかを含めることができます:

  • 胃と腸管からの毒素のさらなる吸収を防ぐために、嘔吐、胃洗浄(胃のポンピング)および腸を誘発する薬物投与。
  • 体温を下げる冷水浴。
  • ジアゼパム(Valium®)やフェンタニル(麻薬性鎮痛剤)などの薬は、不安、発作、過剰な筋肉振戦を抑制します。
  • 筋肉振戦を制御するためのメトカルバモール、グアイフェネシンまたはキシラジンなどの筋弛緩薬。
  • ペットが呼吸を停止した場合に人工呼吸を提供するための気管内チューブ(気道内のプラスチックチューブ)の配置。
  • 脱水症とアシドーシス、過剰な筋肉活動と反復発作後の一般的な問題を修正するための輸液を提供する静脈内(IV)カテーテルの配置。
  • ホームケア

  • メトアルデヒド中毒が発生した疑いがある場合は、すぐに獣医師に連絡してください。
  • 製品の成分を特定するために、パッケージまたは容器の残骸を獣医に持ち込みます。
  • 処方された薬を投与し、獣医師のケアの指示に従ってください。
  • 予防ケア

    予防は常に最高の薬です。カタツムリやナメクジの餌が使用または保管されている場所に犬を近づけないでください。