犬を健康に保つ

ローハイド、カウハイド-犬にとって良いのか悪いのか?

ローハイド、カウハイド-犬にとって良いのか悪いのか?

ローハイドは、通常は牛の皮の内側の層です。多くの人々は、ペットにおもちゃとして(多くの場合、忙しいままにするため)生歯を与え、歯を助けます。野生の犬としての自然の本能により、犬は生皮が好きだと理論付けられています。歴史的に、野生の犬は彼らの獲物を攻撃して噛み、歯を動物の肉に沈め、肉を手に入れるために皮の上に引っ張りました。

生皮に関する一般情報

  • 生皮は、この野生の本能のシミュレーションとして役立つかもしれません。多くの犬、特に若い犬は、噛むという本能を持っています。ローハイドは、犬や子犬に許容できる「おもちゃ」を噛む能力を与えますが、噛むことの機械的作用の恩恵を受けます。
  • 嘔吐や下痢を引き起こす可能性があるため、犬が大きな部分を噛んだり飲み込んだりできないことが重要です。また、生皮はペットがそれを丸ごと飲み込めないほど十分に大きいことが重要です。大きな部分を食べた場合、通常は時間とともに消化され、外科的問題を引き起こすことはめったにありません。ただし、ペットが不快になる可能性があります。
  • 生皮が飲み込めるほど小さくなったら、ペットから取り除いてください。
  • 生皮にはカロリーがあります。タンパク質もあり、消化できますが、「食品」とは見なされません。生皮はバランスの取れた食事に加えてのみ提供されるべきです。生皮の利点について言及されていますが、カロリーは合計することができます。節度が鍵です。一部の人は、1日2時間の咀worthがほとんどのペットに適していると示唆しています。
  • 嘔吐、下痢、アレルギーの病歴があり、特別食を摂っているペットは、獣医に確認するまで生皮を食べてはいけません。生皮の材料は、ほとんどの犬にとっておそらく問題ではありませんが、一部の犬にはアレルギーがあります。本当の問題は、一部の犬が生皮の一部を飲み込みすぎる傾向があり、食道、胃または腸に詰まり、外科的切除が必要になることです。